歯のしみる、痛むとお悩みではありませんか?

「歯が痛い」と感じたときには、虫歯がある程度進行していることがほとんどと言われています。少しでも変化に気がついたら霞ヶ関・虎ノ門の歯科医院「山口歯科室」にお早めにご来院ください。

虫歯チェック

痛みが出るまで、気がつきにくい初期の虫歯。以下のチェックポイントに1つでも当てはまるなら、虫歯の疑いがあります。

  • ときどき歯が痛む
  • 甘い物や酸っぱい物がしみる
  • 熱い物、冷たい物がしみる
  • 歯に穴が空いている

虫歯の原因

お口の中にいるミュータンス菌やラクトバチラス菌は虫歯の直接的な原因です。これらの菌がお口の中の糖を栄養に、歯の表面にネバネバとしたプラークをつくります。プラークにはたくさんの細菌が住み着き、歯のエナメル質を溶かして、虫歯になるのです。

虫歯の進行段階と治療法

  症状 治療法
【C0】
C0
歯の表面が溶けはじめている状態。まだ痛みなどはありません。 歯みがきやフッ素塗布など歯のケアや予防歯科で治ることもあります。
【C1】
C1
エナメル質が溶け続け黒ずんでいる状態。冷たい物などがしみることがあります。 虫歯の部分を削った後、歯科用プラスチック(レジン)を詰めます。
【C2】
C2
エナメル質の内側にある象牙質に虫歯が達した状態。痛みだす時期です。 虫歯の部分を削り、詰め物を詰めます
【C3】
C3
神経まで虫歯が達し、何もしなくてもズキズキと痛むようになります。 根管治療を行う必要があります。
【C4】
C4
歯根まで虫歯が侵食した状態です。神経が死んでいるので痛みはなくなります。歯根に膿がたまることもあります。 ほとんどの場合で抜歯をすることになります。抜歯をすると入れ歯やインプラントなどが必要になります。
  • PAGE TOP

虫歯は早期治療が大切です

永久歯は一度失ったら二度と生えてきません。歯を失ってから後悔しないために、虫歯の早期発見・早期治療を心がけましょう。早い時期に発見し、進行する前に治療すれば身体的な負担(痛み)や治療費が減り、治療も短期間で済みます。痛みや不快感・違和感に気がついたら早めに歯科医院に通うようにしてください。

重度の虫歯になったら根管治療

一度抜いてしまったら二度と生えてこない歯。大切な歯だから、虫歯が進行してもなるべく抜歯せずに自分の歯を残しておきたいところ。「根管治療」は進行した虫歯に行う歯を抜かない治療。虫歯になった歯の神経を抜き、歯として機能するように治療します。大切な歯を残しながら、虫歯を治しましょう。

根管治療の流れ

神経の除去

虫歯が侵食した神経を取り除きます。

根管内計測

一人ひとり、根管の深さは異なります。患者さんの根管の長さを専用の器具を使って測定します。

根管内洗浄

根管内を洗い流します。

根管内消毒

根管の内部を消毒します。

薬剤注入

歯根の先端まで薬剤を注入し、細菌の侵入を防ぎます。

土台・被せ物装着

歯に土台をたて、被せ物を装着します。

もう虫歯にならないために

一度虫歯が治ったからといって、ブラッシングなどのケアを怠っていると、治った虫歯が再発することもあります。健康な口腔内であり続けるために、予防歯科の受診をおすすめします。

»予防歯科の詳細はこちら